LINE公式アカウント

LINEアカウントは日本人の電子名刺(その1)

名刺を出す人

みなさん、こんにちは。

いかがお過ごしですか。

今日は私がセミナーをしているLINE公式アカウントのことについてです。

LINE公式アカウントセミナーが熱い

 

私はLINE公式アカウントのセミナーを複数回開催しておりますが、受講者のみなさん、非常に熱いです。

というのは、知れば知るほどLINE公式アカウントは現在の集客ツールとして、めちゃくちゃ強力であるからです。

世の中には、様々な集客ツールがありますが、今の日本でLINE公式アカウントを集約ツールとしてはずす手はありません。

LINEアカウントとLINE公式アカウントの違い

ちょっとその前に、LINEアカウントとLINE公式アカウントの説明をさせていただきます。
この2つ名前は非常に似ていますが別物です。

両方ともLINE社が提供しているサービスですが、

LINEアカウント:1対1のコミニュケーションツール(基本無料)
LINE公式アカウント:1対多の情報発信、コミュニケーションツール(一定規模以上有料)

の差になります。

ですので、多くのLINEアカウントへ情報発信したい場合に使用するツールがLINE公式アカウントです。

93.4%

何の数値でしょうか?

LINE社の発表ですが、国内アカウン ト数8600万です。

なぜこの数値がすごいかというと、日本の人口は約1億2577万人。(2020年11月1日現在、総務省統計局)

そのうち、15〜74歳の人口は9203万人です。

 8600/9203=93.4%

となり、「ティーンエイジャー+成人」のほとんどがアカウントを持っているということです。

ちなみに、政府が強力に推進しているマイナンバーカードは9月1日現在で2479万枚。

人口比率でいえば、19.7%にしかなりません 。

いかにLINEアカウントがすごいか分かります。

私が交流会等で知り合った人で、「LINEアカウントを交換しましょう」と言って「私はLINEアカウント持っていません、、、」という人に出会ったことありません。

実感としても日本でLINEが大変普及していることが分かります。

子供高齢者を除けば93.4%

1人1アカウント

LINEもすごいかもしれないが、Twitterやインスタグラムもユーザー数はかなり多いという意見があります。

しかし、LINEとの大きな違いは1人1アカウントであるということです。

なぜこうなっているかというと、LINEアカウントは1台のスマホで複数アカウントは持ててないからです。

つまり、ほぼ1人1アカウントなのです。

Twitterは1台のスマホ、それどころか一つのアプリで複数アカウントを持って、切り替えて運用できます。

インスタもできます。

かなりの人が、当たり前のように本垢(ホンアカ、本当のアカウントの意味)、サブ垢(サブのアカウント)、裏垢(ウ ラアカ、内緒のアカウント)を持っています。

なかにはステ垢(捨ててもいいアカウント)なんていうのもあります。

Twitterのユーザ数は4500万人と言われています。

が、一人の人が複数のアカウントを持てるので実際の人数でいえば、3分の1くらいの1100万人程度かと推測されます。

一方の1人1アカウントであるLINEはのユーザ数は、実際の人間の数に近いのではないでしょうか。(もちろん、LINEも企業アカウントなどもあり、ある程度割り引く必要はあります)

1台のスマホには1LINEアカウント

以上2つの理由から、LINEアカウントは日本人の電子名刺といえるのではないでしょうか。

この事実上の電子名刺を、現代のIT技術を使って集客に利用できるのがLINE公式アカウントという機能です。

LINE公式アカウントはLINEの友だちに情報を一斉発信できるだけでなく、Lステップなどを利用すれば、ステップメールのようなこともできます。

Lステップについてはまた別の機会にご紹介します。

・LINEの国内ユーザ数は8600万人
・15〜74歳の人口の93.4%
・LINEはほぼ1人1アカウント

**

江原のLINE公式アカウントセミナー

日程、お申し込みはこちらにどうぞ!

江原LINE公式アカウントセミナー日程・申し込み

**

定期的にメルマガでWeb集客、ライフハックの情報を発信しております。
ぜひメルマガにご登録ください。

江原メルマガ登録

江原メルマガ「Web集客ちょっといい話」登録はこちら

**

LINE公式アカウントで、ペライチ、Web集客などの情報を発信しています。

江原LINE公式アカウント

**

オンラインの異業種交流会(主に月水金)、朝活読書会(毎週木曜日)を定期的に開催しております。

コロナの影響で人と会う機会が減っています。
人脈を広げたい、自分の世界とは違った人と話をしたい。
また、最近本を読んでいない、
本からもっと効率よく勉強したいなぁ、、、、
という方、是非ともご参加ください。

【申し込み】

異業種交流会・読書会
異業種交流会申し込み

**

江原はツイッターをやっております。
Web・SNS集客情報、今日は何の日、コーヒーなどのお役立ち情報を発信しております。

ツイッターやっている人、これからやりたいと思っている人、仲良くなりましょう!!

江原ツイッター

**

Web集客コンサルタント
ペライチ群馬県認定サポーター
江原 裕
email : yuta@h-marrone.com

スポンサーリンク