行動心理学

なぜ、人は他人の悪口で盛り上がるの?

アイキャッチ

みなさん、こんにちは。

ウェブ集客コンサルの江原です。

このブログでは、マーケティングや行動心理学の話題を中心に、みなさまの集客、つまり顧客拡大に役立つ情報を書いています。

なぜ人は他人の悪口で盛り上がってしまうの?

友達との雑談で盛り上がることはよくありますが、中でも盛り上がる話題の一つに挙げられるのが「他人の悪口」です。

自分はそこまで悪くは思ってないけれど、友達の悪口を聞いていると、だんだんその人のことが気に入らなくなり、一緒になって悪口を喋ってしまうことは誰でも経験があるのではないかと思います。

実は、この不思議な現象には「バランス理論」が関係していると言われています。

今回は、「バランス理論」から友達と悪口の話で盛り上がってしまう理由を解明していきたいと思います!

そもそも「バランス理論」とは?

バランス理論とは

「バランス理論」とは、人が受ける様々な外的な刺激に対し、深層心理の中で無意識にバランスを取ろうとする現象のことを指します。

人が受ける外的な刺激はいろいろあるため、影響の範囲は人それぞれです。
ただ、このバランス理論を提唱したフリッツ・ハイダー(1896〜1988)の話を聞くと、自分たちの日常生活においてとてもあてはまることがわかります。

フリッツハイダーが主に提唱しているのは、

・A、B、Cの3つのバランスが取れる状態を好む。
・バランスが取れている状態とは、3要素のプラスやマイナスを掛けた時にプラスになるとである。
・バランスが取れていない場合、それを修正しようと意識が働く。

という点です。
例えば、Aを自分、Bを恋人、Cを映画だとしましょう。
自分は恋人のことが好きで、恋人は映画が好きだとします。
しかし自分は映画が嫌いです。
この場合、

A→B(プラス)
B→C(プラス)
A→C(マイナス)

バランスが取れた状態とは、3要素を掛けた時にプラスになる状態を指しますから、今のままではマイナスです。

すると、バランスを取ろうとして自然と自分は映画が好きになるような心理が働いてしまいます。

A→Cがプラスとなり、晴れて3要素を掛けてプラスとなってバランスが取れた状態となりました。

この心理のことを「バランス理論」と呼ぶわけですね。

どうして人の悪口で盛り上がってしまうのか検証!

それでは、「バランス理論」から友達と人の悪口で盛り上がってしまうメカニズムを解明していきましょう!

Aを自分、Bを同僚、C上司だとしましょう。

自分は同僚と仲が良いのですが、同僚は上司のことが嫌いです。
なお、自分は上司のことは嫌いではありません。
この時、バランスをチェックしてみると、

A→B(プラス)
B→C(マイナス)
A→C(プラス)

となります。

バランスが取れている状態とは、3つの要素を掛けた時にプラスになることなので、このままではマイナスとなってしまいます。

この状態から、プラスに転じるようにするためには、
・同僚が上司のことを嫌いにならなくなる。
・自分が上司のことを嫌いになる。
この二つしかありません。

もし同僚が上司から嫌がらせを受けていたとしたら、まずプラスになることはありません。
すると、残りの選択肢である「自分が上司のことを嫌いになる」ことによって、バランスを保とうとするのです。

そのため、意識することなく人の悪口で盛り上がってしまう構図が生まれてしまうわけですね。

「バランス理論」をビジネスに活かすこともできる!

バランス理論では、他の人の影響を受けることで自分の感情が変わってしまうわけですが、これはビジネスにも活かすことができます。

Aを自分、Bを商品、Cお客様だとしましょう。

自分は商品の素晴らしさを知っていますが、お客様は自分に対して信頼しておらず、商品に対して快く思っていません。
この場合、

A→B(プラス)
C→A(マイナス)
C→B(マイナス)

となります。

この状態ではバランスが取れていますが、このままでは商品は売れません。
商品を売るためには、C→Bをプラスにする必要があります。

しかし、それでは3要素を掛けてもマイナスとなり、バランスが取れませんので、同時にC→Aもプラスにする必要が出てきます。

C→Aがプラスになるということは、お客様が自分に対してプラスの感情、つまり信頼してもらうこととなります。

つまり、商品を売るためには、お客様に信頼される必要があるということになります。
そうすれば、それぞれの要素は

A→B(プラス)
C→A(プラス)
C→B(プラス)

となり、バランスが取れるわけですね。

web集客であれば、如何にお客様が信用できるデータや実績を示すことができるかどうかがポイントになるというわけです。

信頼が大切

「バランス理論」は自分の力で変えることができる!

今回は「バランス理論」を通して、人の悪口で盛り上がってしまう理由やビジネスへの活かし方をご紹介しました。

「バランス理論」とは意識せずに働いてしまう心理を指しますが、その性質を利用すれば、自らが工夫してマイナスをプラスに変えることもできます。

3要素のうち2要素までは自分を起点にすることができるので、自分でコントロールができます。

2要素をしっかりとコントロールすれば、2要素を掛けた結果がプラスならば自ずと3つ目の要素はプラスとなり、逆にマイナスなら3つ目の要素もマイナスとなります。

現実では「バランス理論」は単純にはなっていないことが多いですが、ビジネスはシンプルになっていることも多いので、是非参考にして頂ければと思います!

・人は3者の関係の掛け算がプラスになるように動く
・友達と共通の嫌いができると気持ち良いので盛り上がる
・ビジネスでは信頼関係が大切

**

集客のご相談を無料で行っております。
本ブログからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ...

**

LINE公式アカウントで、ペライチ、Web集客などの情報を発信しています。
ペライチの特典コードはこちらから。

https://lin.ee/cz7S8QO

**

オンラインの異業種交流会(主に月水金)、朝活読書会(毎週木曜日)を定期的に開催しております。

コロナの影響で人と会う機会が減っています。
人脈を広げたい、自分の世界とは違った人と話をしたい。
また、最近本を読んでいない、
本からもっと効率よく勉強したいなぁ、、、、
という方、是非ともご参加ください。

【申し込み】

異業種交流会・読書会
https://peraichi.com/landing_pages/view/onlineexchange

**

江原はツイッターをやっております。
Web・SNS集客情報、今日は何の日、コーヒーなどのお役立ち情報を発信しております。

ツイッターやっている人、これからやりたいと思っている人、仲良くなりましょう!!

https://twitter.com/be_contented

**

Web集客コンサルタント
ペライチ群馬県認定サポーター
江原 裕
email : yuta@h-marrone.com

スポンサーリンク