LINE公式アカウント

ビジネスに成功する人、失敗する人

ビジネスに成功する人、失敗する人

個人事業主となって約2年、その間、たくさんの人と会い、お話をする機会がありました。

その中で感じることは、ある意味残酷ですが、もともとビジネスセンスがある人とない人がいます。

ビジネスセンスがある人は何をしてもうまくいく。

ない人は大変努力をするけど、うまくいかない。

この差は何でしょうか?

その一つの答えが、これかと思います。

「誰に、何をサービスして、何を売るか」

これがきちっと決まっていて、それが世の中のニーズにマッチしている。

マッチしていれば、ビジネスセンスがあるように感じ、ない人はビジネスセンスがないように感じます。

例えばお店であれば

「誰に、何を見せ、何を売るか」

SNSやLINE公式アカウントではれば

「誰に、何を配信し、何を売るか」

です。

この設定が世の中にマッチしていれば、

ビジネスは成功し、

この設定が世の中にマッチしていなければ

ビジネスは失敗します。

ビジネスに成功する人は、意識しているのかしていないのかはわかりませんが、自然とこれがはっきりしていて、世の中にマッチしているように感じます。

誰に、何を配信し、何を売るか?

LINE公式アカウントとLステップのコンサルタント養成講座の講師をしております。

その中で、受講生さんに必ず教えるマーケティングの重要要素の一つが

LINE公式アカウントで

誰に、何を配信し、何を売るか?

をきちんと決めるということです。

この3要素が、はっきり決まっていなかったり、ぶれていたり、世の中の流れに合っていなければ、どんなに努力しても成功をしません。

どんなに努力をしてもダメです。

例えば、結婚相談所は

誰に:30〜40代のモテたい・結婚をしたいという独身男性

何を:モテるためのテクニック

どんなサービスを売るか?:動画コンテンツ販売・結婚相談所

になります。

自分では、

誰に:50〜60代の第2の人生を楽しみたい男女

何を:リストの作り方、SNSの使い方

どんなサービスを売るか?:LINE公式アカウント・Lステップ構築、ペライチ作成代行

ななります。

この3要素が、はっきりと決まっていないとどんなビジネスも成功しません。

先行者利益は結果

世の中には「先行者利益」という言葉があります。

「他人よりいち早く初めて、ライバルが少ないうちに利益をあげ、

多くのライバルが参入してくる時にははさっと撤退する」

という意味です。

たしかに、事実です。

しかし、「先行者利益」を得られる状況など、そんなにあるものではありません。

狙って得られるものではありません。

たまたま、「先行者利益」を得られたとしてもそれは運が良かったのです。

「先行者利益」は結果であり、狙うものではありません。

ライバルが多いか少ないかではない

また、ライバルの数も成功・不成功の要素の一つです。

同業者、つまりライバルが多ければ、競争が激化して失敗の可能性が高まります。

逆にライバルが少なければ、競争はなく、成功の可能性は高まります。

しかし、ライバルが少ないからといって必ず成功するとは限りません。

ライバルが多いか、少ないかは状況の一つでしかなく、成功・不成功の鍵ではありません。

世の中に求められていないサービスをいくらやったところで、誰も買ってくれません。

逆に、世の中に求められているサービスをやれば、ライバルがいても誰かが買ってくれます。

まとめ

「誰に、何を見せ、どんなサービスを売るか」

「誰に、何を配信し、どんなサービスを売るか」

をしっかり定めましょう。

これが、曖昧であったり、ぶれていたりしてはビジネスは決して成功しません。

また、世の中の状況とズレていても成功しません。

もう一度、自分のビジネスはどうなのか点検してみましょう!

**

定期的にWeb集客、ライフハックの情報を発信しております。

LINE公式アカウントで、ペライチ、Web集客などの情報を発信しています。
友だち登録、よろしくね!

友だち登録をする

友だち追加

**

LINE公式アカウントコンサルタント
ペライチ群馬県認定サポーター
江原 裕
email : yuta@h-marrone.com

 

スポンサーリンク