ライフハック

音声配信はじめました!

音声配信

こんにちは。

Web集客コンサルタントの江原です。

みなさん、いかがお過ごしですか?

昨日(2020年10月27日)からですが、情報発信の一つとして、stand.fmでの音声配信のトライを開始しました。

バラの集客ちょっといい話


(クリックしてね、聴けます)

stand.fmとは誰でも発信できる、音声配信プラットフォームです。

stand.fm

以前からVoicyという音声配信プラットフォームがありますが、これはVoicyの審査を通過した人しか発信できないため、一般にはハードルが高いものとなっていました。

stand.fmはだれでも配信できるようにしたため、ユーザ数は不明ですが一気に広まったといわれています。

また、stand.fmは2020年8月に5億円の資金調達を行い、Youtubeのように再生時間によって収益を配信者に還元したり、一部を有料配信できるプログラムを開発するとのことです。

現時点において音声配信プラットフォームのデファクトスタダードになる可能性はあります。

情報発信は7回繰り返せ

情報発信は7回繰り返せ

どここまで根拠があるかわかりませんが、「情報発信は7回繰り返せ」というセオリーがあるくらい、繰り返し、繰り返し発信してやっと届くか届かないだそうです。

自分の場合の発信方法(手段)です。

SNS系は

・Twitter
・Facebook
・Line公式アカウント(タイムライン含む)

オウンドメディア系では

・ブログ(これ)
・メルマガ

サイト系では

・ペライチ(LP、ランディングページ)

動画系

・Youtube(かなりサボり気味)

音声系

・stand.fm(今回開始)

の7+1種類です。

我ながら随分やっているな、、とは思いますが、同じ情報を全ての方法で発信しているわけではないので、ひとつの情報に対しては多くて2〜3種類ということになります。

また、Twitterなども一つのツイートをリツイートで再配信していますが、多く同じものを多く流すと、スパム扱いされますのでちょっと控えめです。

今回このラインナップに音声配信のstand.fmを加えたしだいです。

タイムラインに流れるコンテンツは2〜3割

SNS系、特にTwitterでフォロワーさんのタイムラインに流れるのは、ツイートの2〜3割と言われています。

フォロワーさんが1000人いたとしても、2〜300人程度のタイムラインに流れるだけです。

どういことかというと、Twitterではアルゴリズムというものがあります。

このアルゴリズムの目的はTwitterユーザができるだけ長い時間、Twitterというアプリにとどまることです。

各Twitterユーザが興味のあるコンテンツを表示、そしてその間にTwitter広告を挟んで収益をあげる仕組みです。

ですから、あるTwitterユーザがよく「いいね」、「リツィート」する発信者のツイートをできるだけタイムラインに表示して、できるだけそのTwitterユーザの好みに合うようにします。

もしあなたがTwitterをやっているばらば、あなたのタイムラインを見てください。
ライムラインはほとんど、あなたがやりとりした人のツイート、もしくはその人がリツイートしたもので埋まっていると思います。

1人を集める100の方法

ある人のブログで読んだのですが、

集客のコツは「100人集める1つの方法を持つのではなく、1人を集める100の方法を持つこと」

だそうです。

たしかに、その通りで他人にはなかなか伝わりません。

特に自分はテンション高めでアツアツのスープのつもりで発信するのですが、相手に届く時には冷めたスープになっているのが普通です。

また、ツイッターなどのSNSの発信では、不特定多数への発信になるため、たとえ目にとまっても、基本は「自分には関係ない他人ごと」として映ります。

ですから、ある特定のグループ内での発信とか、相手を特定しての発信のほうが届きやすく、内容を一応は読んでもらえます。

(だからといってツイッターで相互フォローしたとたんいきなりDMを送るのは効果ゼロです)

ということで、「1人を集める100の方法を持つこと」という考えになります。

音声配信のブームが来る?

音声配信を始める理由の2つ目は音声配信のブームがもしかしたら来ると言われているからです。

みなさん、最近、耳にブルーツゥースイヤホンをしている人を多くみかけませんか?

それもそのはずで、2016年12月にアップルがAirPodsを発売してから、ブルートゥースイヤホンの販売台数が右肩上がりです(下図)。

イヤホン売上高推移

出典:BCNランキング

スマホから音楽を聴きながら、音声配信を聴きながら、ウォーキングやランニングなど別のことをやるというブームが来ているのです。

動画が情報量が多いし、分かりやすいのですが、歩きながら、走りながら見るのはちょっと難しいです。

落ち着いてみなければいけないため、自分の時間を奪っていってしまうというのが最大の欠点です。

最近では、YouTubeは動画なのですが、画面を見なくても、聞いているだけで内容が伝わるような工夫をしている人もいるユーチューバーが増えています。

これも音声コンテンツに流れがきているからです。

私のstand.fmでの配信

stand.fmわずか2回だけですが、stand.fmで配信をしました。

バラのちょっと集客いい話」というタイトルです。

どれも以前このブログで発信した内容をちょっとバージョンアップして、声で発信しているものです。

コンテンツの使い回しですが、「良い物は7回発信する」ということでお許しください。

下のタイトルをクリックすると、聴けます。

第1回放送

勉強しろといわれると、勉強したくなくなるのか?

第2回放送

20%、99%、何の数字?

よろしくお願いします。

・情報発信は7回繰り返せ
・音声配信ブームが来る?
・stand.fmで配信を開始しました

 

 

 

スポンサーリンク