ライフハック

能力最大限発揮の法則

こんにちは。

Web集客コンサルタントの江原です。

 

2020年11月21日から始まったプロ野球の日本シリーズ、ソフトバンク対巨人はソフトバンクの4連勝で、一昨日あっという間に終わってしまいました、

4試合でソフトバンクは合計26点も取ったのに、巨人は4点しかとれませんでした。
パリーグとセリーグの差と言ってしまえばそれまでですが、あまりにも差が大きすぎます。

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

と言ったのは1993年、95年、97年に3度もヤクルト監督として日本一となった野村克也氏です。

たしかに巨人は良い選手がたくさんいて、確かに強い。でもこの負けには明らかに欠けているものがあるのではと感じます。

能力最大限発揮の法則

人が能力を最大限に発揮し、充足感を覚えるのはどんな時でしょうか?

個人や組織が優れたパフォーマンスを発揮させるためには、何が必要かということは人類が長年向き合っている課題です。

このことを研究したのはアメリカの心理学者のチクセントミハイでした。
ミハイは人が能力を最大限に発揮し、充足感を覚える、つまり、能力最大限発揮の法則を「フロー理論」としてまとめました。

ミハイはビジネス、スポーツ、政治、芸能などいろいろな分野で活躍する人をインタビューするという単純な方法で調査を進めました。

そして、彼らがもっとものっている時の状態を表現するのに、「フロー」という言葉を使用していることを発見しました。
つまり、その仕事に没頭し、成果が出ている時はみな「フロー」状態にあるというのです。

関係ありませんが今人気絶好調の漫画でアニメである「鬼滅の刃」では「全集中」の状態です。

ミハイはこの「フロー」状態を研究し、「フロー理論」としたのです。

「フロー理論」は横軸にスキルレベル、縦軸に挑戦レベルをとったメンタルステート図を使って分かりやすく説明をしております。

メンタルステート図

スキルを上げるだけでは、フロー状態にならない

ミハイによると、多くの人がメンタルステート図の左下の「無気力」ゾーンにいるといいます。

私たちは能力最大限発揮のため、そこから、右上の「フロー」ゾーンを目指すべきですが、「フロー」に至るためには、
挑戦レベルとスキルレベルを両方とも上げていく必要があります。

勉強してとにかくスキルレベルだけを上げたいと思う人がいますが、それだけでは「フロー」にいたりません。

挑戦レベルも同時に上げていく必要があるのです。

言い換えれば、挑戦が必要なのです。

成功した事業家が、次々と新しいことにチャレンジしていきますが、それは「フロー」状態になるためには挑戦が必要だからです。

挑戦には心配と不安はつきもの

もうひとつこのメンタルステート図で分かることがあります。
それは、挑戦レベルをあげると、「心配」ゾーン、「不安」ゾーンに入るということです。

私たちは「心配」や「不安」はしたくない、避けたいと思います。
ですが、ミハイによれば「心配」や「不安」も当たり前で仕方ないことなのです。

ですから、「心配」「不安」も大いに歓迎、フローに至るために必要なものとして覚悟すべきなのです。

うまくいくかな?とか、失敗したらどうしよう、、、とついつい考えてしまいます。
でもそこを通過することで能力を最大に発揮していくことができるのです。

挑戦には「心配」と「不安」はつきものです。

冒頭のソフトバンクと巨人。

その差は、チームが「フロー状態」にあったかいなか。

そして、チームが挑戦をしていたか。

ちなみに、2020年のシーズンの4番打者(スタメン)です。

【ソフトバンク】 4番打者 9名
バレンティン、長谷川、上林、中村、栗原、デスパイネ、グラシアル、柳田、川島

【巨人】 4番打者 2名
岡本、丸

ソフトバンクは9名の選手が4番を打ちました。
一方の巨人は2名です。

4番打者をコロコロ変えるのが良いかどうかは議論の余地はありますが、4番打者を見るだけでしたらソフトバンクのほうが挑戦をしていたように思えます。

この辺りが大きな違いだったのかもしれません。

**

さて、前出の「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」は野村克也さんのオリジナルではありません。

この言葉は江戸時代の肥前国第9代平戸藩主、松浦清が隠居後に松浦静山の名で執筆した随筆集『甲子夜話』の中の一節だそうです。

しかし、この言葉を発見し、使うことができたのは野村さんだからです。

野村さんは優れたリーダーシップを発揮するために、常に言葉を研究していました。
言葉はチームや人を率いていくためには効果的と考えていたようです。

野村さんほど能力を発揮することはできませんが、自分も言葉を勉強していきたいと考えています。

・その仕事に没頭し、成果が出ている時はみな「フロー」状態にある
・フロー状態にいたるためには「スキル」と「挑戦」の両方を上げて行く必要がある
・挑戦には「心配」と「不安」はつきもの

**

LINE公式アカウントで、ペライチ、Web集客などの情報を発信しています。

下記URLより登録していあたければ幸いです。

江原LINE公式アカウント

**

オンラインの異業種交流会(主に月水金)、朝活読書会(毎週木曜日)を定期的に開催しております。

コロナの影響で人と会う機会が減っています。
人脈を広げたい、自分の世界とは違った人と話をしたい。
また、最近本を読んでいない、
本からもっと効率よく勉強したいなぁ、、、、
という方、是非ともご参加ください。

【申し込み】

異業種交流会申し込み

**

江原はツイッターをやっております。
Web・SNS集客情報、今日は何の日、コーヒーなどのお役立ち情報を発信しております。

ツイッターやっている人、これからやりたいと思っている人、仲良くなりましょう!!

江原(バラ)Twitter

**

 

スポンサーリンク