ライフハック

銀行窓口で宝くじ!?

みなさん、こんにちは。
いかがお過ごしですか。

急に寒くなりましたね。
今週前半は冬らしい日が続きそうです。

ちょっと用事があり、みずほ銀行へ行き、久々に窓口を利用させていただきました。

指定の紙に申請内容を書いて、窓口へ提出して処理をお願いしたところ、
窓口の女性から「宝くじはいかがですか?」と突然声をかけられました。

窓口のどこにも「宝くじ売ります」のような表示はありません。

私は聞き間違えかと思い

「え!宝くじですか?」

と聞いたところ

「窓口でも宝くじを売りますので、良かったら」

というのです。

11月末ですので「年末ジャンボ」宝くじの季節です。
「年末ジャンボ」宝くじを勧められたわけです。

みずほ銀行の窓口は何十年も利用しているのですが、こんなこと初めてです。

従来から、「宝くじ」販売はみずほ銀行の重要業務の一つですが、入り口の外を利用して売っています。
このご時世、銀行の売り上げを上げるためには、窓口を何でも利用するのですね。

さて、この銀行窓口宝くじ作戦、私はなかなか厳しいのではないかと予測しました。

理由はつぎの3つです。

1.ハロー効果がない
2.「宝くじ」を買おうとは思っていない
3.銀行業務とは異質である

ハロー効果がない

ハロー効果

銀行窓口でハロー効果がありません。

ハローとは、「こんにちは」ではなく、「後光」(halo)のこと。
例えば、キリストの絵で後ろから出ている光や、仏像で頭の後ろについてる輪っかがハローです。

以前のこのブログでもご紹介いたしましたが、後光があると同じものでも権威が増します。

アイキャッチ
なぜ、タレントが宣伝すると物が売れるの?ウェブ集客コンサルの江原です。 このブログでは、マーケティングや行動心理学の話題を中心に、みなさまの集客、つまり顧客拡大に役立つ情...

宝くじ売り場ならば、過去に同じ売り場から高額当選が出たとか、全体が金色ぽいディスプレイがされて当たりそうな雰囲気の演出です。

残念ながら銀行の窓口ではハローがありません。

後光の代わりに、窓口の後ろでお金を数えたり、伝票処理をしている行員の姿があります。
そのようは超現実的な事務処理を目にしてしまえば、とても「宝くじ」が当たりそう!という気分にはなれません。

ですから、いくら勧められても買おうという気になれません。

「宝くじ」を買う心づもりがない

人は何か行動をする時は前もって無意識に心の準備をします。

例えば、パン屋さんへ行く場合は「これからパンを買う」という心づもりをしてお店に入ります。

もちろん、そこで「買いたいパンが無かった」とい理由で買わない場合もあります。
一方、「あ、これも美味しそう」ということでついつい余分に買ってしまうこともあります。

いずれも無意識で「これからパンを買う」とい心づもりをしているからこそ、パンを買うという行動ができるわけです。

しかし、「銀行窓口」で宝くじを買うという心づもりはありません。

心づもりが無くて、財布の紐を緩める人はいません。
逆に多くの人は財布の紐を固くしてしまい、「宝くじ」を買うということはありません。

銀行業務とは異質である

これも重要です。

「宝くじ」は当たるか、当たらないかのギャンブルですので、1円の単位までぴたりと合わせる銀行業務とは全く別な種類のものです。

銀行が最近は強力に事業化している投資信託も将来の予測がつかないといえばギャンブルですが、あくまでも投資です。
1ヶ月〜数週間後の抽選と同時にほとんどが紙屑になってしまう「宝くじ」とは違います。

もちろん、みずほ銀行の重要な収益源の一つであることは以前から変わりません。
しかし、異質だからこそ、銀行の店舗の外で「宝くじ」売り場を設置していたのです。

この異質の商品を銀行の店内に持ち込み、窓口業務として売るのですから、売れないのではないかと思います。

「宝くじ」売り場から買うのが一番買いやすい

銀行前の宝くじ売り場

「宝くじ」は、入り口外に構えられている「宝くじ」売り場から買うのが一番買いやすいです。

「宝くじ」を売っていることが誰の目にも分かるし、いかにも当たりそうという雰囲気をかもしだしています。

もちろん、このことは銀行側も分かっていて、窓口では100人中1人が買ってくれればOKなのかもしれません。

もしくは、窓口で「宝くじ」という言葉がお客さんの頭にインプットされ、銀行を出たところで、「宝くじも悪くないなぁ」と宝くじ売り場にふらりと寄ってしまうことを狙っているのかもしれまん。

みなさんはどうお思いですか?
私は「窓口で宝くじは売るのはちょっと厳しいよな、、、」と思ってしまった銀行訪問でした。

・銀行窓口はハロー効果がない
・銀行窓口で宝くじを買う心づもりはない
・銀行業務とは異質である

**

LINE公式アカウントで、ペライチ、Web集客などの情報を発信しています。

江原LINE公式アカウント

**

オンラインの異業種交流会(主に月水金)、朝活読書会(毎週木曜日)を定期的に開催しております。

コロナの影響で人と会う機会が減っています。
人脈を広げたい、自分の世界とは違った人と話をしたい。
また、最近本を読んでいない、
本からもっと効率よく勉強したいなぁ、、、、
という方、是非ともご参加ください。

【申し込み】

異業種交流会案内ページ

**

江原はツイッターをやっております。
Web・SNS集客情報、今日は何の日、コーヒーなどのお役立ち情報を発信しております。

ツイッターやっている人、これからやりたいと思っている人、仲良くなりましょう!!

江原(バラ)Twitter

**

スポンサーリンク