未分類

集客の導線を考えよう!

お客さんの導線

集客の導線を考えよう!

みなさん、集客の導線を考えていますか?

例えば、スーパーなどでは、

新聞チラシ→閲覧→来店→商品購入

なんていう集客ルートです。

あなたが売りたい商品やサービスは、
お客さんが
どこで知って、
どのように欲しいと思って、
どこで買ってくれるか
ということです。

商品を売りたいと思っても、
このルートが構想されていないと、
商品を購入してもらうまで
行きつきません。

ーーー

次にこのルートが構想できたら、
数字を入れてみましょう。

単なる予測でも構いません。

上のスーパーの例では、

新聞はこのエリアに3000部くらい
発行されている。

そのうちの20%くらいの600人くらい
がチラシを読む。

600人くらいのうち
30%の180人くらいが、興味を持ちスーパーへ行く。

現物を見て、180人のうち半分の90人が
実際に買ってくれる。

こんな感じです。

ーー

繰り返しになりますが、
ここで重要なことは、

新聞チラシ→閲覧→来店→商品購入

という導線を構想することです。

そして、数字を入れてみること。

構想して数字を入れておけば、
たとえ、予定通りにうまくいかなくても、
分析や反省ができますよね。

ーー

今回は新聞チラシの例をお話ししましたが、
ここでLINE公式アカウント+Lステップを
使用すれば、
閲覧数などが数字で記録が残りますが、
もっと詳細にデータを分析できます。

Lステップは強力なマーケットツールです。

スポンサーリンク