LINE公式アカウント

LINE公式アカウントVSメールマガジン

LINE公式アカウントVSメールマガジン

突然ですが「LINE公式アカウントVSメールマガジン(メルマガ)」
聞いたことありますか?

けっこう、これ、オンライン界隈では言われていること多いです。

私は普段はLINE公式アカウントとして活動をしていますが、こうやってメルマガも発行しております。

江原は「LINE公式アカウントVSメールマガジン(メルマガ)」
どう思っているの?
ということをお伝えするため、今回のメルマガを書きました。

その前に、メールマガジンは知っているけど、LINE公式アカウントって何?
っていう方もいらっしゃると思うので簡単にご紹介します。

LINE公式アカウントは、LINE社が運営するツールで、
普通のLINEは1対1のやりとりですが、
LINE公式アカウントは、一度にたくさんの人に情報発信できるツールです。

メルマガは開封率が悪いし、方法としてもう古い!
いや、LINE公式アカウントはバン(LINE社により凍結)されるリスクがある
など言われています。

では、どっちがいいの?
ということになります。

私の答えは、時間の都合がつくならば、両方やればいいのです。

LINE公式アカウントはLINE公式アカウントでやればいい、
メルマガはメルマガでやればいいと思っています。

なぜならば、LINE公式アカウントとメルマガは情報提供ツールとして種類というか性格が異なるのです。
ですから、使い方が違うのです。

自動車に例えれば、LINE公式アカウントは自動車で、メルマガはバスです。

多くの人はLINEを親しい友人とのやりとりで使います。
自動車でお互いの家を行ったり来たりする感じです。

LINEは受信者のスマホのLINEのメッセージBOXに直接メッセージが届きます。

そして、LINE公式アカウントのメッセージもLINEのメッセージと混ざって、
スマホ上のLINEアプリの右上の未読の赤い数字がカウントアップします。

かなりのLINEユーザは赤い未読数字がついたままを嫌うので、
メッセージを開きます。

ちゃんと読むかは別ですが、大変重要なことです。

お客さんが開いてくれるまで時間がかりません。
午後のイベントの情報をお昼に配信しても間に合います。

即効性があるといえます。

一方のメルマガは、受信者のメールアプリの受信ボックスに届きます。
そして、多くの他のメッセージの一部として未読リストの中に入ります。

場合によっては、迷惑フォルダーの中に入ってしまっているかもしれません。

未読リストの中にあるメールは、あとでタイトルだけがながめられ、
重要なもの、興味のあるものだけが開かれます。

ですから、未読になる場合が多いです。

表現は難しいのですが、その人が絶対に開いてもらうまで、届いてから1ステップ段階があるのです。

バスを使って自宅の近くのバス停で降りてしばらく歩くような感じです。

何通も送信して、その中から数通だけ開かれるなんていうこともあります。
時間をかけてじわっと効いてくる感じです。

本日の午後のイベントの情報は数日前に配信しておく必要があります。

私のクライアントさんにLINE公式アカウントをおすすめしています

他にもいろいろ違いがありますが、大きなところではこんな感じです。

自分はLINE公式アカウントのコンサルタントとして、クライアントさんにはLINE公式アカウントの使用をおすすめしています。

なぜならば、多くのクライアントさんはすぐに結果を出さなくてはいけないからです。

何通も配信して、そのうちの数通を開いてもらって、じわっと知ってもらっていくというのも悪くはありません。

しかし、やはり現代においては時間が勝負です。

現代の時間感覚にあったツール、それがLINE公式アカウントなのです。

・LINE公式アカウントとメルマガ、時間の都合がつくならば、両方やればいい
・LINE公式アカウントは自動車で、メルマガはバス
・クライアントさんには即効性のあるLINE公式アカウントをおすすめ

 

スポンサーリンク