ライフハック

鬼滅の刃ヒットの3つの理由

きめつのやいば

いかがお過ごしですか。

漫画でもアニメでも「鬼滅の刃」が大人気ですね。
12月4日は「鬼滅の刃」の漫画単行本第23巻の発売日でした。

我が家も「鬼滅の刃」は大好きで、早速、Kindle版を購入しました。

「鬼滅の刃」は鬼と、鬼殺隊というの人間の鬼退治(鬼狩り)組織の戦いの話ですが、なぜこんなに ヒットしているのでしょうか?

マーケッティングの巧みさ、登場キャラクタの性格設定の素晴らしさ、アニメーションの秀逸さが大きな理由です。

私は時代が鬼退治のストーリーを求めたのも理由の一つと思っております。

今日は、鬼滅の刃が今年2020年に大ヒットした理由を探ります。(最後はネタバレの要素があるので不要な方は読み飛ばしてください)

1.鬼退治は定番ストーリー

まずは今年に限らず、鬼退治は日本では定番のストーリ ーであることです。鬼は日本の昔話や風習ではよく出てきます。

桃太郎
一寸法師
大江山の鬼退治
羅生門の鬼
節分の鬼
こぶとりじいさん(鬼退治ではない)
お団子ころころ(鬼退治ではない)

などなど。ほかにもたくさんありそうです。

昔話の鬼全てが退治されるわけではありませんが、節分などの風習もあります。節分で日本人は1年に1回は鬼を追い出すことにしております。

日本人の心の中には鬼は退治するものということが無意識としてあるのではないでしょうか。

2.陰陽師は元祖鬼殺隊(きさつたい)

平安時代の陰陽師(おんみょうじ)は鬼滅の刃に出てくる鬼殺隊の元祖です。

陰陽師は陰陽五行思想に基づいた陰陽道によって、祈祷や占いなどで厄払いをする人たちです。

もしかしたら、「鬼滅の刃」の作者は陰陽師を漫画のベースにしているのかもしれません。

有名な陰陽師の一人が安倍晴明(あべのせいめい)です。小 説、映画やドラマになっているので見られた方はよくご存知かと思います。

陰陽師は安倍晴明一人ではなく、複数人からなる組織だったようです。まさに「鬼滅の刃」の鬼殺隊のようですね。

ただ、奈良時代は官職でしたが、平安時代では民間の組織になったようです。民間というところも「鬼滅の刃」と同じですね。

安倍晴明(921〜1005年)が活躍した平安時代(10世紀の後半)は、大雨、洪水、大火、地震、疫病などの災害が多い時代でした。

944年 京都大暴風
947年 疱瘡流行
962年 鴨川洪水
976年 京都大地震
1001年 疫病流行

など、など。数々の厄災が日本を襲いました。

当時の人はこれらの厄災を鬼のしわざ、もしくは鬼そのものと考えたのかもしれません。

アメビエの絵

この状況は現代の日本に似ております。最近の大きな災害だけでもこれだけあります。

2011年 東日本大震災
2016年 熊本地震
2018年 広島県豪雨災害
2018年 北海道胆振東部地震
2019年 台風19号
2020年 COVID-19(新型コロナウィルス)

日本は、つぎからつぎへと厄災に襲われています。

現代人はこれらの厄災を鬼の仕業とは思いませんが、どこか無意識で人間の力ではどうしょうもない鬼のような存在を感じているのではないでしょうか。

ですから、「鬼殺隊」のような厄災を退治してくれる存在を心の底で求めているのではないかと思い ます。

「鬼滅の刃」は今の日本人のニーズにズバリ応えているのです。

3.人間の努力は無駄にはならないというメッセージ

(注意!!ネタバレ要素あり)

最後に、主人公の炭治郎(鬼殺隊のメンバー)が、鬼ボスの最後の技により危うく人間から鬼になりそうになります。

しかし、禰津子(妹)やカナヲ(鬼殺隊の同僚)の尽力で、人間で踏みとどまります。

このストーリーも「人間は災害を完全には克服できないが、努力をすればそこそこ何とかなる」というメッ セージが込められていると感じました。

つまり、災害や疫病は完全には防げませんが、防災をしたり、医療を充実させる努力を続けていれば、人間の種として存続していけるという希望を与えてくれているのです。

人間は災害や疫病を防ぐために、堤防を作り、ダムを建設したり、薬を開発したりします。

時にはそれが自然破壊につながったり、薬の副作用に苦しめられたりしもします。

しかし、トータルすると人間のさまざまな努力と営みのおかげで、快適な生活や、病気の克服が実現し、人間の種として存続する可能性を大きくなっています。

人間の努力は決して無駄ではないのです。

漫画では、最後の最後で禰津子やカナヲ、生き残った鬼殺隊メンバー、そして死んでいった鬼殺隊メンバーの力で炭治郎は、鬼のボスの鬼舞辻無惨の誘惑に打ち勝ち、鬼になりませんでした。

人間の努力が無駄ではないという安心感をこの「鬼滅の刃」は与えてくれているのではないでしょうか。

ときどき、このブログではマーケティングのヒントになると思い、過去に売れたもの、ヒットしたものの理由を考えてみています。

良かったらご覧になってください。

セールスレター編

https://yutamiyu.com/l/m/ZT1tBen4QwBS7M

七五三編

https://yutamiyu.com/l/m/g3QCNjVau8cWna

ヒットの理由
・鬼退治は日本では定番のストーリー

・平安時代の陰陽師は元祖「鬼殺隊」
・人間の努力は決しては無駄にならない

**

LINE公式アカウントで、ペライチ、Web集客などの情報を発信しています。

https://lin.ee/cz7S8QO

**

オンラインの異業種交流会(主に月水金)、朝活読書会(毎週木曜日)を定期的に開催しております。

コロナの影響で人と会う機会が減っています。
人脈を広げたい、自分の世界とは違った人と話をしたい。
また、最近本を読んでいない、
本からもっと効率よく勉強したいなぁ、、、、
という方、是非ともご参加ください。

【申し込み】

異業種交流会・読書会
https://peraichi.com/landing_pages/view/onlineexchange

**

江原はツイッターをやっております。
Web・SNS集客情報、今日は何の日、コーヒーなどのお役立ち情報を発信しております。

ツイッターやっている人、これからやりたいと思っている人、仲良くなりましょう!!

江原(バラ)Twitter

**

Web集客コンサルタント
ペライチ群馬県認定サポーター
江原 裕
email : yuta@h-marrone.com

スポンサーリンク